コルグ Grandstage ステージピアノ

コルグのステージピアノGrandstageが新登場

コルグからステージピアノの新製品Grandstageが発売されます。コルグのステージピアノと言えば、SV-1がありますが、Grandstageは、それを上回るポテンシャルを与えられています。

Grandstageの特徴

音源

まず、音源は7つもあります。下の表にまとめました。

Grandstageの搭載音源一覧
音源 名称 特記
ピアノ SGX-2 ドイツ、オーストリア、日本、イタリア製グランドピアノ。
アップライトピアノ
電気ピアノ EP-1 モデルI、II、V、DMP、200、200A
オルガン CX-3、VOX、Compact トーンホイール(CX-3)、トランジスター(VOX、Compact)
アナログ・
モデリング
AL-1 音抜けの良いリードや分厚いブラス・サウンドを実現
PCM音源 HD-1 FMピアノ、ハープシコード、パイプ・オルガン等を
新規サンプリング

鍵盤

鍵盤タイプは、88鍵73鍵モデルがあります。両モデルともに、日本製のリアル・ウェイテッド・ハンマー・アクション3(RH3)鍵盤を使っています。

低音部では重く、高音部ではより軽いタッチになるようにハンマーを4段階の重さに分けた鍵盤で、グランドピアノと同じようなリアルな弾き心地が追求されています。

ステージピアノ演奏者にとって、指先の繊細なニュアンスが音色に反映されるというのは、重要な表現ポイントです。

全体デザイン

外見上の特徴としては、無骨とも言える黒い筐体が存在感を放ちます。

フロントパネルは、アルミ素材にヘアライン加工がなされており、上品かつ上質な感じを受けます。パネル上の赤い発光ダイオードは、暗いステージ上でも高い視認性を保証します。

また、お気に入りの音色を64個まで登録できるフェイバリットボタンを装備し、500種類のサウンド・プログラムを搭載しながらも、間違いなく素早く選択できる直感的なインターフェースを実現しています。

一方、リアパネルでは「KORG」ロゴが光ります。ロゴは全体が明るく光り、色や照度、点灯モードを好きに設定することができます。まさに、ステージで演奏するために生まれたピアノならではです。

標準装備品

うれしいのは、専用譜面台ダンパーペダルに加え、キーボードスタンドが標準装備されていることです。キーボードスタンドは新設計で、クロームめっき仕上げが高級感を醸し出します。このこだわりがステージ上で映えることでしょう。

Grandstageの主なスペック

  Grandstage-88 Grandstage-73
鍵盤 RH3
(リアル・ウェイテッド・
ハンマー・アクション3)
RH3
(リアル・ウェイテッド・
ハンマー・アクション3)
鍵盤数 88鍵:A0〜C8 73鍵:E1〜E7
外形寸法 1,311(W)×359(D)×140(H)mm
(譜面台除く)
1,099(W)×359(D)×140(H)mm
(譜面台除く)
重量 20.0kg 17.0kg
価格 オープン(予想税別価格230,000円) オープン(予想税別価格220,000円)
発売日 2017年7月下旬(予定) 2017年7月下旬(予定)