ピアノ 河合楽器製作所 PMC

ピアノ業界も厳しい。カワイに中国系資本

ピアノ販売で世界第2位のシェアを占める河合楽器製作所において、中国系資本が筆頭株主になる、というニュースを見ました。

河合楽器製作所がパーソンズ・ミュージック・コーポレーションと資本業務提携

河合楽器製作所は2月9日、香港の楽器生産販売会社、パーソンズ・ミュージック・コーポレーション(PMC)と資本業務提携を結ぶと発表しました。

PMCが、河合楽器の全株式の9.94%にあたる89万6600株を取得し、筆頭株主となるとのことです。
パーソンズ・ミュージック・コーポレーション(PMC)
音楽企業グループ。中国本土と香港で、楽器の生産販売や音楽に携わる人材を育成する39のグループ会社と92店の直営店を有する。
  • 自社ブランド・欧米著名ブランドの楽器生産、及び多くの国と地域における販売
  • 多くの芸術コースの教室を運営
  • コンクール・演奏会等の音楽イベント運営など
河合楽器が、1993年に中国でピアノ販売を始めて以来、両社は事業パートナーとして関係を深めてきました(中国向けのカワイピアノの委託生産、共同出資による電子楽器生産会社の設立等)。

河合楽器は今回の資本提携を機に、中国での楽器販売、音楽教室、調律サービスの三位一体の事業体制を強化するとのことです。

河合楽器製作所の直近の買収や提携

PMCとの資本業務提携の報を聞き、ここで河合楽器の直近の提携を振り返ってみたいと思います。
河合楽器の直近の買収・提携
年月 内容
2014年3月 全音楽譜出版社を買収
2015年7月 学研ホールディングスと株式を持ち合う業務資本提携
2015年11月 音響機器メーカーのオンキヨーと資本業務提携

全音楽譜出版社を買収

全音楽譜出版社は、全国の楽器店に販売網を持っています。それに対し、河合楽器の販路は直営店に限られていました。そこで、全音楽譜出版社の販路を使い、ピアノの取扱店を増やす狙いがありました。
全音楽譜出版社
楽譜出版や楽器製造・販売を手掛ける。クラシック音楽を中心とした楽譜出版では強いブランド力を持つ。鍵盤ハーモニカや木琴、リコーダーなどの楽器も製造する。2013年9月期の売上高は44億円

学研HDとの業務資本提携

株式持ち合い内容
会社名 保有比率 株主順位
(株)河合楽器製作所 学研HD株の2.3%を保有 第8位
(株)学研ホールディングス 河合楽器株の3.0%を保有 第6位
河合楽器は、直営で4400の音楽教室を運営しています。生徒数は1991年末の26万人を頂点に減少を続け、2015年末には10万人にまで落ち込んでいる状態です。対する学研HDは、フランチャイズチェーンで全国に約15000の小学生向け「学研教室」を運営しています。

学研HDとの業務提携により、2021年3月期までに、ピアノと算数を一緒に学べる子供向け教室を500程度にまで増やす計画です。

オンキヨーと資本業務提携

株式持ち合い内容
会社名 保有比率 株主順位
(株)河合楽器製作所 オンキヨー株の9.9%を保有 第4位
オンキヨー(株) 河合楽器株の4.9%を保有 第4位
株式持ち合いで研究開発でも連携を強め、高音質のハイレゾリューションオーディオや無線通信に対応する次世代の電子ピアノの早期の投入を目指すとのことです。

カワイの現状。厳しい決算だった2017年3月期

前項までにあげたように、河合楽器も色々手は打ってはいますが、現状は厳しいです。2017年3月期の連結決算を見てみます。

(株)河合楽器製作所の連結決算のポイント(2017年3月期)
項目 数値 前期比
連結売上高 665億円 マイナス3.9%
営業利益 23億円 マイナス13%
当期純利益 16億円 マイナス8.9%
(内数)楽器の売上高 357億円 マイナス7.6%
(内数)楽器の営業利益 2億円 マイナス78%

売上高、営業利益、当期純利益ともに大幅減で大変厳しい決算となりました。主力の楽器の売り上げも落ち込んでいます。

表には書いていませんが、楽器の中の更なる内訳を見てみると、世界2位のピアノや電子ピアノ、電子オルガンの鍵盤楽器の販売額は274億円。そのうち国内は59億円、海外は215億円と、海外が大きな比率を占めています。

日本国内は少子高齢化もあり、ピアノの売り上げは減少の一途をたどっています。これからは、これまで以上に海外の売上が大事になってきます。

海外販売比率の更なるアップを目指す

河合楽器は、楽器販売で、海外が大きな比率を占めているのは先に述べた通りです。しかし、ヤマハと比べると、世界的な展開では出遅れていると言わざるを得ません。

そのため、PMCと組むことで中国市場の開拓に取り組むわけです。河合楽器は今年、創立90周年を迎えます。業績は現在厳しいものがありますが、100周年、及び世界一のピアノ作りも目指して、頑張って行って欲しいと思います。