ピアノ VR用グローブ

ピアノが無くても、感触付きで弾けます。VR用グローブがあれば

米国のカリフォルニア大学サンディエゴ校が、ピアノを弾いたときの感覚などを再現するVR用グローブを開発したというニュースを見ました。

VR用グローブとは

VR用グローブは、VR(バーチャルリアリティ)内で、手と指を動かせるようにするための入力デバイス(コントローラー)です。

今回の発表は、VR用グローブを使用した(手を動かした)際の、リアクション(対象物の感触)を再現するものです。

ピアノを弾いた時の感触を再現できる、夢の手袋

カリフォルニア大の研究チームは、ピアノを弾く感触を再現できる軽量の手袋を発表しました。

この手袋は、ロボット工学をもとにデザインされています。指の動きに対し、添え木のようについている部品が、VR内での物体(今回はピアノの鍵盤)の感触を再現します。

使用している素材はラテックスチャンバーという柔軟性の高い素材です。これはゴム手袋などにも使われています。

研究の背景と今後の方針

今回の研究に携わった研究員は、「振動」を使用しての感触再現では、真の没入感は得られないと考えました。そして、「何かに触れたり、ボタンを押して抵抗を感じられる」ことから感触再現にアプローチしたと述べています。

現在、このグローブは試作品の段階です。一般販売できるようにする為、研究チームはさらにコストを安くし、より軽量コンパクトになるよう開発を進めています。今後も、人間の触覚を研究し、現実に近い感覚を追及していきたいとのことです。

本物のピアノを弾いているのと区別がつかなくなるかも?

VR内で物体に触れたときの感覚を再現する事は、より強い没入感を実現する為の重要要素の1つです。

その意味で、今回のようなVR用グローブの改良が続けば、そのうち本物のピアノを弾いているのと区別がつかなくなるかもしれません。

まあ今の段階では、ゴテゴテとした手袋なので区別は否応なくつくでしょうけども。技術の脅威的な発展速度を考えると、本物としか思えないバーチャルピアノを弾ける様になるのも、実はすぐ先なのかもしれません。